ノウハウコレクターが減らない理由を、こち亀全巻買って数年読めてない僕から学ぼう

未分類

こんにちは、りんぐです。

 

今日は、

 

「人は購入した時が一番気持ちいいから注意しや~(エセ関西弁すみませんw)」

 

という話をしていこうと思います。

 

表現を変えれば、”ノウハウコレクター”が生まれてしまう理由ですね。

 

「うわぁこのノウハウめっちゃ欲しい!よし購入!」

 

→1回読む

 

「ふむふむなるほどなぁ」

 

・・・数日後

 

「他に何かいいのないかな?てか何であんなに欲しかったんだろ?」

 

みたいな事ってありませんか?笑

 

これ多分僕を含んだ多くの人が経験あると思うんですよ。

 

じゃあなんでこんな事が起きてしまうのか?

 

どうやったら無駄な買い物をしなくて済むようになるのか?

 

という事を深堀りしてお伝えしていきます。

 

この理屈を知っているだけで、
無駄な本や商材を買う可能性は
グッと下がりますので、
一緒に学んでいきましょう。

なんだかんだ購入した時が一番気持ちいいのよね

 

最初にやっぱり結論として、
人はなんだかんだいって
購入した時が一番気持ちいいんですよね。

 

これはどんな商品だって一緒。

 

じゃあ何でなのか?

 

というと、

 

①セールスのプロである販売者側が、僕らの欲望や感情を掻き立てるから

 

②購入する事でストレスから解放されるから

 

この二つの理由があるからです。

販売者側が僕らの欲望や感情をかきたてるから

当たり前なんですけど、
販売者って商品を売るプロなんですね

 

だから人間心理を知り尽くしてます。

 

僕らはどういう時に心を動かされるのか?

 

どんな時に行動をしたくなるのか?

 

何を見れば安心して購入してくれるのか?

 

そういう事を熟知してます。

 

例えば・・

人が一番行動したくなるタイミングって、
「恐怖を感じた時」なんですね。

 

多分これは分かりやすいはず。

 

どんな怠け者だって、もし

 

「恐ろしい殺人鬼があと15分後にあなたの家に来ます」

 

と言われたら一目散に逃げるじゃないですか。笑

 

「いや、俺は殺人鬼なんぞには負けん。正々堂々勝負じゃ!」

 

という男気溢れた自信家以外は、逃げる一択ですよね。

 

それ位、恐怖という要素は強い。

 

販売者側は、この商品を手に入れないと、

 

「こんな恐怖が待ってるぞ・・」

 

という事を暗に伝える事で購入させやすくなります。

 

もっと言うと、

 

「この商品を使うとこんな理想の未来を手に入れられます。・・・でも手に入れなければこんな恐ろしい未来が待ってます」

 

という感じで、

 

商品を買う→理想の未来

商品を買わない→最悪の未来

 

こんな対比にする事で、
更に購入されやすくなるんですね。

 

ほら、進研ゼミとか分かりやすいです。

 

あれって、漫画の中で

 

「進研ゼミを受講した主人公はバラ色学園生活を送る」

 

→理想の未来

 

「進研ゼミを受講しなかったライバルは悲惨な学園生活」

 

→最悪の未来

 

という対比の演出を使ってるんです。

 

実を言うと僕も中学時代、
あの漫画の影響をモロに受けて参加しました。

 

中学入学したての僕「なぬ・・進研ゼミを受講しないとこんな悲惨になるのか・・ヤバイ・・これはマズイ・・・お母さん~~~」

 

みたいな感じで。笑

 

・・・まぁ受講したのはいいものの、
全然続けられなかったんですが。

 

他にもダイエット器具、サプリ、美容商品なども”恐怖”という要素を使ってます。

 

「このまま何もしないと、どんどん体力は下がり気づいた時には手遅れに・・」

 

「実は〇〇年の〇〇省のデータによると、40代~50代の女性の2人に1人は・・・」

 

「シミの原因となる紫外線は、サンバイザー等で防ぐだけではダメなんです。普段の手入れが一番重要で・・

 

といった話ってテレビショッピング等でよく聞きますよね?

 

それ位、恐怖という感情が人の心に与える影響は強いんです。

 

もちろん恐怖だけではなく、
販売者側は他にも沢山の要素を使って僕らに訴えてきます。

 

なので何も意識しないでボーっと見ていると、ついつい感情が動かされて欲しくなるんですよ。

購入する事でストレスから解放されるから

 

そうやって販売者側に心を動かされた僕ら。

 

「欲しくなってきた・・自分に必要な物の気がする・・どうしよ」

 

というこの状態。

 

・・・これってめちゃめちゃストレスですよね。

 

別にその商品が無くても今まで生きてこれた。

だから別にその商品が無くても、そんなに困らないはず。

 

・・・でもその商品を知ってしまった。

 

その商品がある事で手に入る理想の未来を想像しちゃった。

 

その商品を逃す事で訪れる恐怖の未来を知ってしまった。

 

もう特大ストレスです。

 

これは、背中がかゆくて手を伸ばしても、あと2cm届かなくて・・・

 

「あぁあと少しで気持ちい所クリーンヒットでかきむしれるのに・・もう少し・・伸びろつめ、ゆび、うで~~!」

 

みたいな状態に近いです。笑

 

じゃあそこから何とか爪が届いたり、孫の手などを使ってかきむしれば、ストレスから解放されて超気持ちいい~~~~ってなりますよね。

 

それと一緒で、この商品欲しい〜でもどうしよ~~??というストレスから解放された瞬間は、超気持ちいいんです。

 

じゃあ具体的にその”解放される瞬間っていつ?”というと、もちろん

 

「購入した時(手に入る事が確定した時)」

 

ですよね。

購入した時がピークでその後は下がる

 

そういった、購入してストレスから解放!やった~~~!

 

・・・という状態って、長くは続きません。笑

 

すぐに終わります。

 

その商品をいざ手に入れても、
少しだけやってすぐに飽きてしまう。

 

これってめちゃめちゃあるあるですよね。

 

実体験で言えば、僕は先程も言った通り、進研ゼミを全然続けられませんでした。

 

あんなに、

 

「お母さん、僕進研ゼミやりたい!」

 

と熱意を持っていたのに。笑

 

でもそれもそのはず。

 

だって購入する時は、

 

・販売者側の思惑通り感情を動かされている
・欲しい!というストレスから解放されたい

 

という状態なので、いつもの自分とは別人なんですよね。

 

そこから商品を手に入れ、一時的にはやったー!とはなります。

 

ただ、知らぬ間にいつもの自分に戻ってるんですよ。

 

その結果、

 

「あれ?こんなもんか・・なんであんなに欲しかったんだろ?」

 

となるわけです。笑

 

ちなみに、結構前にTV通販でぶら下がりバーが異常に売れた時代があったらしいんですね。

 

 

↑こういうやつ

 

何とピーク時には1日20万台も売れたとか。 (ホンマでっかTV情報)

 

ただ結局そのぶら下がりバーも、
最終的には物干し竿代わりになった家庭も多かったそう。笑

 

それ位、人は購入した時がピークでその後はテンションが下がるのが当たり前なんです。

 

こんな事を言うと、

 

「じゃあそうやって感情を動かして買わせる販売者が悪いんだ!」

 

という意見もあるかもしれないんですけど、それはちょっと違うかなと。

 

もちろん過度な表現を使うのはNGですけど、
許される範囲内で色々な手法、
テクニックを使うのはむしろ良い事です。

 

なにせ人は本当に行動したがらない生き物ですから。

 

販売者側が感情を湧き立たせる工夫をしないと、本当に一切行動しなくなります。笑

 

例えば、おなじみの進研ゼミでも、

 

「自宅でできる通信講座。お申し込みはこちら→000-000-000」

 

とだけ書いていたら見向きもしないですよね。笑

 

人は行動したがらない前提がある以上、販売者側がルール内で様々な戦略を使うのは当然の事なんですよ。

 

なので販売者側に対してあれこれ考えるよりも、まずは

 

「人は購入する時の喜びがピークで、その後は下がっていくのが当たり前」

 

という事実を理解していきましょう。

 

・・・特に情報商材の場合は、
この意識が本当に重要です。

 

実際の所、色々情報商材を買ったけど、
ロクに確認や実践ができていないものってありませんか?

 

少なくとも僕はあります。笑

 

1回読んで満足してしまい、実践に移さず、復習もしないから全然覚えていないパターン。

 

 

というかなんなら、買って満足しちゃって、ロクに読めていないものもあります。

 

結局の所、どれだけワクワクする
セールスレターになっていても、
情報商材は言葉の通り”情報”が載っているだけなんですよね。

 

提供される形としてはシンプルで、

 

・PDF

・音声

・動画

 

↑この3つ位しかありません。

 

なので誤解しがちなんですが、
購入しただけで稼げる、
みたいな魔法のアイテムではないんです。

 

ドラえもんの道具みたいに、即使えてパワーアップ・・みたいな事はありえない。

 

購入しただけで稼げる 

→ ありえない

購入した段階で内容が頭にインストールされる 

→ ありえない

 

むしろ購入してからが本番、
スタートという商品ですよね。

 

なので特に、

 

「購入した時が喜びやテンションのピークで、その後は下がっていく」

 

という性質を知っておかないといけないんです。

 

ちなみに余談ですが、
僕は4年前にこち亀を全巻(200冊)買ったんですけど、
未だに100冊以上は読めていません。笑

 

購入する時は、

 

「いや~こち亀があれば永遠に暇を潰せて楽しめるだろうな~~(ワクワク)」

 

こんな鼻息フンフン興奮状態で、
ヤフオクで2万円位で買いました。

 

早く来ないかな・・早く来ないかな・・

 

到着が待ちきれず毎日ワクワクドキドキ。

 

1週間後。

 

いざ届いた。

 

「うわぁぁでっけー段ボール!これで永遠に暇が潰せるぜ~~早速読むか~~」

 

そんなハイテンションで1巻から読んでみるものの、1時間位経過すると飽きてきました。

 

「う~ん、まぁ初期は俺が知ってる絵柄じゃないからな・・よし、じゃあ飛ばして40巻位から読見直すか!」

 

・・・それでも結局長く読めなかったんですよね。

 

どうしても1話完結型である以上、ワンピースやキングダムみたいに、

 

「うぉぉ続きがめっちゃ気になるぅぅぅ!」

 

とはならないので。 (買う前に気づけよという話ですがw)

 

なのでこち亀は、床屋さんや薬局の待ち時間に読むのが一番いいなぁという結論に至りました。笑

 

あれから4年。

 

未読が100冊位あります。

 

=半分程度しか読めてない

 

「こち亀があれば永遠に暇がつぶせるぜ~~」

 

とか思って買ったのに。笑

 

しかも200冊もあるので、
めちゃめちゃスペース取るんですよね(苦笑)

 

まあこち亀の場合は、
一応全巻持ってるだけで
ほんの少しだけネタにはなるんですが。

 

「こち亀全巻家にあるとさ・・いやマジで置き場困るのよ」

 

「そりゃそうでしょw」

 

という1ラリーだけできます。笑

 

ですが情報商材の場合って、
沢山持っていてもネタになりません。

 

「俺これだけの情報商材持ってるぜ!(でも結果出てないけどな)」

 

と言っても

 

「へぇ・・(それノウハウコレクター状態って言うんじゃね?)」

 

となりますよね。

特に情報商材を買う時は、2段階位テンションを下げて判断しよ

 

なので、繰り返しになるんですが、

 

「どんな商品でも購入する時が一番気持ちよくて、その後は基本的にテンションは下がっていくよ」

 

という事を意識していきましょうね。

 

”買ってからが本番”の情報商材は特に。

 

販売者側はプロですから、
セールスレターを読むとググッと
テンション上がり、
思わず欲しくなるように作ります。

 

まるで一流キャバ嬢やホストのように、
お客(読み手)を気持ちよくさせたり、
逆に不安にさせたりして感情を操るんです。笑

 

これはジェットコースターで急降下する時に、
股間がフワッとなるのと同じ位避けられません。笑

 

そういうものです。

 

なので特に情報商材の場合は、

 

「レターを読み終えた後に、あえて2段階位テンションを下げてから判断する」

 

という位の意識で丁度いいです。

 

グワァっと感情が高ぶってきた後に、

 

クールダウン・・・

 

クールダウン・・・

 

そうやって時間を置いたり冷静にした後で、
本当に必要かどうか判断しましょう。

 

特に既に教材を勉強中で、
まだ落とし込めていない段階なら尚更。

 

お金をかければいくらでも商材は増えますけど、
僕らが1日の中で使える時間やエネルギーは増えないですからね。

 

その中で上手にやりくりする必要があるので、
多くの物に手を出しても全部中途半端に終わります。

 

そんな状態に不安になり、
更に新しいノウハウを求め出したら要注意。

 

それは完全なノウハウコレクターへの道ですから。

 

それに、購入する時のワクワク感や気持ちよさを味わいたくなっているだけの可能性もありますしね。

 

・・・まぁ僕もこんな事を沢山やってきたんですけど。笑

 

だからこそ、

 

「人は購入する時が一番気持ちよくて、その後はどんどん喜びが下がる」

 

「特に情報商材を買う時は、2段階テンションを下げてから必要かどうか判断しようね」

 

という事実をお伝えしたかった次第です。

 

これから是非意識してみてくださいね。

 

てなわけで、今回は以上になります。

 

 

・・・ちなみに僕が持っているこち亀の写真がこちら。

 

※本当はもう1ボックスあるんですが、押し入れの底にある為取り出せません笑※

・・・しかも最近、こち亀の201巻が出たんですよね。

 

買おうか悩んでいます。笑

 

やっぱり本当に秋元先生凄すぎぃぃぃ

 

メルマガ募集

メルマガやってます

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました