【第2章】自分が何屋さんになるかを決めよう

未分類

こんにちは、りんぐです。

 

今日は、情報発信ビジネスをする上での最初の壁、

 

「発信のテーマ決めはどうすればいいの問題」

 

についてお伝えしていこうと思います。

 

・・これ結構悩みますよね。

 

「いや、自分別に得意な事とか無いんだけどどうしよ・・」

 

「とりあえず稼げそうなジャンルを選べばいいのかな?」

 

みたいな感じで。笑

 

僕もこれをめちゃめちゃ悩んでかなりの時間を消費してしまった経験があるので、その気持ちはめっちゃ分かります。

 

なのでそんな僕の経験を踏まえた上で、

 

・なぜテーマ決めが重要なのか?

・テーマ決めの2つのポイントとは?

・実績が無いテーマでも大丈夫な理由

 

などなどを掘り下げてお伝えしていきますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

発信のテーマを決めていきましょう

 

という事で、これからTwitterやブログで発信して人を集める事にはなるんですが、一番最初にやるのが発信のテーマ決めです。

 

違う表現を使えば、

 

「自分は何屋さんになるのか?」

 

という事ですね。

 

やっぱりこのテーマが決まってないと、結局人が来たとしても

 

「この人は何をしている人なんだ?」

 

と思われてしまいます。

 

なのでまず最初に決めなければいけません。

 

といってもそんなに肩の力を入れる必要は無く、テーマはズバリ

 

「自分が得意な事や好きな事 or 調べていて楽しい分野」

 

にすれば大丈夫です。

 

結局情報発信って、言ってしまえば誰かに何かを伝えていくビジネスですから、

 

・自分が得意な事や好きな事=既に提供できるものがある

 

・調べていて楽しい分野=提供できるものを増やしていく作業(勉強)がそこまで苦ではない

 

という事を満たしていないと、続かないんですよね。

 

特に「調べていて楽しい分野」の条件を満たしていないと、結局ネタ切れになってしまうんですよ。

 

なので、稼げそうだから!という理由だけで全く興味のないテーマを選ぶのはオススメしません。

 

メンタルが鬼強い人じゃないと挫折しますし、実際に僕は稼げそうだから!という理由だけでFXの情報発信をしていた事があるんですけど、半年位で力尽きました(苦笑)

 

で、じゃあ僕のこのブログのテーマは何なのさ?と言いますと、広く言えばネットビジネス(情報発信ビジネス)で、もう少し細かく言うと、コピーライティングをテーマにしています。

 

※※コピーライティング=文章で人の心を動かし、行動してもらう為のスキル(僕の解釈です)※※

 

じゃあなんでコピーライティングがテーマなのか?

 

それは、

 

「コピーライティングって、響きがカッコいいな!」

 

「面白そう!」

 

といった感情的なものと、

 

「まぁコピーライティングって言葉で人を動かす技術なんだから、それって日常生活や恋愛でも絶対役に立つよね・・仮に全然稼げなくても絶対損はしないはず・・というかコピーライティングスキルさえつけば、食いっぱぐれる事はないよね」

 

といった冷静な理由があるからです。

 

それに、結局の所情報発信って

 

・Twitter

・ブログ

・メルマガ

・Youtube

 

などを使って発信していき人を惹きつける必要があるわけなんですが、基本的に全て文章が必要ですよね。

 

まあYoutubeはトークですけど、結局それも書き言葉か話し言葉か?の違い位で、「何をどう伝えるか?」という部分は変わりません。

 

じゃあ、

 

・人はどんな時に行動するのか?

・人は本能では何を求めているのか?

・人が行動できない理由は?

 

などを言語化して理解する事ができれば、人生がめちゃめちゃ楽しくなりそうだな〜、という風に思ったので、コピーライティングを軸にする事に決めたんです。

実績がなくてもOK

 

ただ、

 

「好きな事や興味がある事をテーマにしましょう!」

 

という風に言われても、

 

「いや・・もう既にそのジャンルで凄い人いるし・・今更自分なんかが挑んでも・・」

 

と思ってしまいますよね。

 

・・・僕は普通に思ってました。笑

 

だって、Twitterなどを見てると、凄い人がうじゃうじゃいるんですもん。

 

例えば稼ぐ系であれば、

 

「月収ウン百万達成!理想の生活を手に入れました!」

 

みたいな人で溢れています。笑

 

・・・ですが、実は今の自分に実績がない事や、既に凄い人が沢山いる!という事は気にする必要は無いんです。

 

なぜなら、

 

「お客さんを喜ばせる事は、現段階で実績が無い人でも十分できるから」

 

ついつい凄い人ばかり見てると勘違いしがちなんですけど、真に僕らが向き合うべきなのって、自分より格上の実績者ではなく、お客さん(読者さん)なんですよね。

 

そのお客さんに何かを伝えて喜ばせる事って、別に華々しい実績が無くても普通にできます。

 

例えば僕は、こちらで

・自己アフィリエイトのやり方

【第1章】即5万円稼げる自己アフィリエイトの方法を伝授します

・ブログの立ち上げ方や用語の解説

【第2章】ブログ開設手順

みたいな事を書いているんですけど、これって調べさえすれば誰でもできる事です。

 

「え?自己アフィエイトって何?」

 

「私アナログ人間だからブログ立ち上げなんて無理だよ~サーバーとかわけわかんないし・・・」

 

↑↑↑

 

僕自身も実際にやってみるまではこんな事を思ってたので、同じような状態の人に向けて書いています。

 

華々しい実績が無くても、価値提供はできるんです。

 

それにそんな実績は時間が経てば勝手についてくる・・みたいなものでもないので、

 

「あぁ・・自分は凄い実績なんてないしな・・」

 

という風に落ち込む必要は本当にないんですよ。

 

これを昔の僕に教えてあげたい。笑

 

それに、実績なんて上を見ればいくらでも凄い人がいるのでキリがない話ですから。

 

別にそのジャンルのトップだけしか発信しちゃダメ!みたいな決まりは無いし、実績が無いなら無いなりに戦うしかありません。

 

なので大事なのは、”実績”があるかどうかではなく、”実力”があるかどうかです。

 

「いや・・自分には実力なんてないよ」

 

と思うかもしれないんですけど、その実力だって別に現時点のものではなく、今後身につけていけばいいだけの話ですから。

 

今は全然分からない事でも、

 

・本を読む

・動画を見る

・人から習う

 

などをすれば普通に知識が身に付いて、いつのまにかできるようになってますよね。

 

そういう事を繰り返しながら、徐々に提供できるものを増やしていけばOKなんです。

 

ちなみに、ネットって相手の顔が見えない分嘘をつくのが簡単なんですけど、ありもしない実績を作り上げて嘘の発信をするのはもちろんNGです。

 

結局の所そんな感じで嘘をついてだまし取る形で稼いでも自分が辛くなるだけですし、遅かれ早かれバレます。

 

なので大事なのは変に強がったりするんじゃなくて、ありのままの自分を出す事と、そのありのままの自分の魅力や実力を上げていく意識です。

 

また、ここで白状すると、実は僕ってネットビジネスの存在を知って約6年位経つんですけど、全然華々しい結果を残せていないんですね。

(最高でも月15万円。直近だとせいぜい月1~3万円位)

 

色んな手法に挑戦して、本当に失敗ばかりしてきました。

 

例えば、

 

・ブログを1年以上運営してようやく初報酬(確か2000円位)を手に入れるも直後に挫折

※このブログとは違います※

 

・稼げそう!という理由だけで取り組んだFXのアフィリエイトでは、半年頑張っても月2~3万円から一向に伸びず、元々大して興味が無かった為、辛すぎてメンタルが死亡

 

・お世話になっていた人からちょっとグレーな稼ぎ方を教わり少しだけ実践するも、罪悪感が凄すぎてすぐに撤退

 

みたいな事を沢山経験してまして、

 

「多分このまま続けていたらメンタル病み過ぎて冗談抜きで死ぬ・・今までは手法ばかり求めて来たけど、これからはそんな小手先の手法を追い求めるのは辞めて、お客さんと自分、両方が楽しいと思えるような稼ぎ方と生き方をしよう」

 

という考えに至り、今このブログを書いています。

 

なので僕は、既に凄い結果を出している10歩先のプロではなく、1歩先の先輩のつもりで発信しています。

 

もちろん完全に同じ目線だと何も伝えられませんから、1歩でも、何なら半歩でいいから少しだけ前にいるイメージですね。

 

今日自分が学んだ事を、昨日の自分に伝えるつもりで発信していけば十分。

 

その情報が役に立つ人は絶対いますからね。

 

・・・という事をドヤ顔で僕も書いているんですけど、これも僕は人から教えて貰って、それを僕の言葉でお伝えしようとして書いているだけです。笑

 

ちなみに、この1歩先の先輩ポジションの方が、10歩先のプロより優れている事もあります。

 

それは、

 

「初心者の気持ちが手に取るように分かり、乗り越え方を具体的に提示できる事」

 

というのも、今現在プロレベルの人も元々は初心者だったわけなんですが、初心者の時からある程度時間が経っている分、その時の感覚等がおぼろげになりがちなんですね。

 

それに加えて、プロの人って初心者からすれば異次元に感じられてしまうので、

 

「いや~それはあなただからできたんだよ・・」

 

「あなたと自分では根本的な所が違うんだよ・・」

 

みたいな事を思われてしまう可能性が結構高いんですよね。

 

でも、自分と同じような状況の人が少しだけ先を進んでいる姿を見たら、

 

「あれ・・もしかして私でもできるかもしれない」

 

という風に思いやすいですよね。

 

例えば全く運動習慣が無く、筋トレ=地獄としか思えないような人がいたとして、その人が超絶マッチョの人から指導を受けるとしましょう。

 

トレーニングの休憩中、そのマッチョの人から

 

マッチョ「はい〜今は辛いかもしれないけど、これが徐々に楽しくなってきますよ~~^^」

 

みたいな事を言われても、やっぱり心のどこかで

 

「ハァハァハァ・・・・はいぃぃ(いや・・キツすぎる・・これが楽しくなるわけない・・そう思えるのはあんたが天性の筋肉大好き人間だからだよ)」

 

みたいに思う事ってありますよね。

 

でもこれが、自分と同じ境遇で先に始めてちょっとずつ結果が出ている人から、

 

「いや~自分も最初はマジで楽しくなかったよ笑。マジでキツくて才能ねぇ~とか思ったけどさ、続けてたらちょっとずつ楽しくなったんだよね。若干体も変わってきた気もするし、せめて一緒にもう1ヶ月だけ頑張ってみない?」

 

みたいな事を言われたら、もう少し頑張ってみようかな、という気になりやすいですよね。

 

同じ言葉を投げかけるにしても、プロから言われるより、少し先にいる先輩からの方が響く事はあります。

 

そういった共感からの勇気づけって、既にプロレベルにいる人達には難しいんですよ。

 

それができるのが、一歩先の先輩ポジションの利点です。

 

もちろん、実践する中で自分自身も

 

初心者 → 中級者 → 上級者 → プロ

 

といった感じで徐々にレベルアップしていけばOKなので、変に今の自分の実力を偽る必要はありません。

 

「自分が学んだ事や経験を皆に教えてあげるんだ!」

 

という意識を持つ事は大事なんですけど、それは別に

 

「手っ取り早く興味を持ってもらう為、実績を偽りプロとして振る舞う」

 

という事とは全く違いますからね。

 

なのでとりあえず発信のテーマを決めて、ブログやTwitterでまずは出しちゃってください。

 

自分で見て、

 

「いや・・こんなショボいものじゃダメだよな・・」

 

と思う位の完成度で大丈夫。

 

むしろそれ位で十分ですし、点数で言えば30点位でOK。

 

完璧主義が発動してしまうと、時間がドバドバ消費されて結局何もできず、そして自己嫌悪に陥るという最悪のループになってしまうので、ショボくてもいいからどんどん出していきましょう。

 

という事でまとめると、

 

①発信のテーマは自分が得意な事 or 興味がある事

 

②実績が無くても、一歩先の先輩ポジションでOK

 

③学んだ事を昨日の自分に伝えるつもりで発信すればOK

 

④間違っても嘘の実績を作り上げて発信するのはNG

(いずれバレるし心が死にます)

 

こんな感じです。

 

しつこいようですが、完璧主義はとっとと捨てて、まずは1記事ブログを書いたり、1ツイートしてみて下さいね。

 

それでは今回はこの辺で。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

メルマガ募集

メルマガやってます

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました